たまゆりのたからばこ

たまゆりのたからばこ

たまゆりの人生に詰まった、たくさんのだいすきなものを紹介するための自由帳です。 好きな本、好きな音楽、好きな映画、好きな場所や土地、旅のこと、登山のことや、日常のなにげないしあわせのことなどを大切に書いていきます。







初の心理占星学分析結果!文庫本40ページ分みっちりで、ボリュームと深みがやばいです。

f:id:tamayuri0123:20181013004838j:plain

 

みなさま、こんばんは。

今日はですね、先日やってみたAstrodienstというスイスの占星術webサイトの心理分析診断について書きたいと思います。一回54ドル(6000円)なり!!!!

 

占星術がアツい!!

いきさつとしては、以前スペインの巡礼の旅がきっかけで知り合ったマッジョさんに数ヶ月前にこのサイトを教えていただいて、そのアストロマップというのがあまりにもおもしろかったので以後占星学・占星術に急激に興味を持ち始めて、関連書籍を読んだりネットでも調べまくったりしました。

マッジョさんのブログです。旅好きの人や引っ越し経験ある人は面白いと思うのでぜひ見てみてくださいませ。

 

Zodiac Clock

でも占星術ってものすごい複雑で、いろんな要素が複雑に絡み合って自分という人間を形成している前提で、バラバラのピースをつなぎ合わせて解釈していくような感覚なんです。それでもう難しすぎて自分で本を読んでるだけじゃこりゃお手上げだわってなって、でもマッジョさんシチリアに住んでる(しかも赤ちゃんが生まれたばかり!!)し周りにも占星術に詳しい人はいないしで、そんな時に見つけたのがその「Astrodienst」のサイト上にある「心理占星学分析」というメニューでした。

 

 

占い信じる?信じない?

私、今までそんなにこういったジャンルのことをブログには書いてこなかったと思うので、抵抗ある人ももしかしたらいるかもしれません。

占いの信じる信じないみたいなことについては、私はけっこう信じてる派。今までも今もすごくよく助けてもらっています。

そして客観的に見ても、当たる当たらないとかそういうのは置いておいて、進む道を決めるひとつの指針や背中を押したり何かに気がつくきっかけとして役立つことも多いので、特にこういったまじめな研究と統計にもとづいたものについては、参考にしてみる価値はあると思っています。

 

うん、前置き終わり!!笑

 

 

 

高いけどボリュームがハンパない。文庫本40ページ分みっちり自分のこと

f:id:tamayuri0123:20181013002845j:plain

さて、この心理占星学分析、すごいです。

ボリュームがすごい。書いてある内容もものすごい重くて深い。テキストに換算したら、24000字ありましたよ。文庫本に換算したら40ページ分くらい。そのボリュームでひたすら自分のこと分析されてるってけっこうやばくないですか?笑

 

値段は54ドル(6000円ちょいくらい)と安くはなかった。

でも、直接対面でみてもらうのと比べれば、断片的にとったメモとかより正確で体系的で、しかも本みたいに何度も読み返して咀嚼できてお得だと思う。

(診断結果は国際郵便での紙郵送orPDFやメールなんかの電子版が選べます)

 

 

さて、この分析はいくつかのセクションに分かれているのですが、ぜんぶについて書いたらあまりに長くなりすぎるので、とりあえずひとつめのセクション「心理タイプ」について。

 

 

頭と心のバランスがとれてなさすぎ問題

まず私は、

客観的で明晰でパワフルな頭脳

「理路整然として頭の回転が早く、様々な事実を客観的に評価・比較検討・分析する素晴らしい能力」

「卓越した立案者」「鋭い洞察力」

等々、回転の速い頭の持ち主である、というのが冒頭には書かれています。(自分でこれ書いちゃうのちょっとはずかしいです!!)

 

 

しかし、同時に問題点として

「知的才能を高く評価しすぎて、自らの感情を裏切ってしまう」

感情気質は熱烈で未熟で極めて敏感であるため、定期的に気が滅入ったり、思わず発作的に苛立ったり、説明ができない感傷的な気分や孤独に陥ったりしてしまう」

 

ということが書かれています。

 

 

これはもう、まさに自分が今まで生きてきた中で長く長く悩まされてきたことだったように思います。

 

 

仕事でも、たとえばこういうブログでも、一時的に高い結果は出せてもそれが続かない。

パフォーマンスが安定しない。

だから「やればでき」ても、そういった感情の波が邪魔をするために、出力がまったく安定しない。

だから結局全然ものにならない。仕事にならない。信頼を得られない。

 

 

この診断を読み解いていくと、今までのこういう悩みはいわば「頭と心がケンカしている」「両者のバランスが取れていない」状態だったようなのです。

 

心は子供!頭脳は大人!その名も名探偵コナン!って感じかな。違うか!

 

 

 

じゃそれをどう解決するか?もちゃんとのってる!

そしてこの診断のすばらしいところは、その解決策を具体的に提示してくれているところでした。

 

 

私が長い間抱えてきたこの問題をのりこえていくために必要なことは、

要するに「頭の心とのバランスをとること」「高速回転する頭と、熱烈で子供っぽい心とをつなぐ橋を自分の中に架けること」です。

 

 

その手段として提示されていたのは「無難な経路を通して感情表現をするのにもっとゆとりを持つこと」。

 

「例えば、著作活動や、気分や感情をイメージした絵画や陶芸、或いは音楽や舞踏はどうでしょう。自己の理解を深めるだけで観客の得にならないこうした個人的な気晴らしは、自分について知る助けとなるだけでなく、感情が思考と同様に大切で正当だとわかるきっかけになります。」

 

なるほど、そのとおりだな。と思いました。

私はどうしても、ブログをこうして書いていても、自己表現のための場であったはずがだんだん目的がずれてきて、どうやったらもっと読まれるか?アクセスが増えるか?とか、どうやったらもっと良くなるのか?みたいな頭脳を使う方面に傾いていきがち。

でもそれが長く続くと抑圧された心や感情が爆発するので長続きしない。そのくりかえし。

 

だから、こういったインターネットを通じての発信も「人の役に立つため」みたいな目的をもうすこし和らげて、自分の意見や感情や感性を表現する場として活用することを意識して心がけようと思います。

 

頭の働きを尊重するのも大事だけど、同じように心も尊重してあげんといかんな。

 

 

 

自分の良さを最大限生かすために、目指すべき方向性も書かれてる

そしてこの章の最後のほうはこんな言葉でしめくくられています。

 

「常に幅広い見地から物事を理解しようとする類い稀な才能を使えば、自らの個人的ジレンマにある意味や価値も認識でき、それが他者や一般的人間の条件にも通じるとわかるでしょう。怖がらずに自らの心と向き合えるようになれば、あなたには他者に貢献できる素晴らしい才能が備わっているのです。」

 

ちょっと一回読んだだけだと「???」ってなる難解めな文章がこの分析の特徴かもしれません。どっちかというとわかりやすくはないんだけどそれだけ細かいエッセンスやニュアンスもつまってるので私は好き。

 

 

で、ちょっと小難しいんだけど、つまり私なりの解釈では

「類い稀な客観的視野があるからこそ、自分の個人的な感情や悩みを表現・発信することにも意味を持たせられる。」

「そしてそれを人の役に立てることができる」

ということです。

 

たしかに、巡礼のブログを書いていた時は異国の地にいた&根無し草状態だったので何も怖がらずに、恥ずかしさもうっちゃって自分の感情も悩みも赤裸々にどんどこどんどこ表現しまくっていました。

「こんなの誰が興味あるんやろ」と思いきや、多くの人が共感してくれたり私の個人的感情体験を人生に活かしてくれたりして「こんな方法で人の役に立つこともあるのか」と感激したのを思い出しました。

 

 

 

 

「ちゃんと生きよう」とか思って一生懸命やってると、自分の心に蓋をして無視をしつづけてしまう癖がある。

高速スピードな頭の思考に、敏感な心がおいてきぼりになったり踏み潰されたりしないように。

 

頭脳と心、両者の連絡をつけながら、ちゃんとぬくもりの通ったものや仕事をつくりたいな。

そういう方法で人の役に立てるとするならば、きっとそれが私のいちばん良い生き方でありやり方なのだと思いました。

 

 

 

まとめ。ちなみにまだ4分の1も内容進んでません

長くなってすみません。

が、これまだ、文庫本40ページでいったら7ページ目くらいまでの内容です。

 

ここから先、もっと深い「光と陰の部分」「家族背景の影響と心理的遺伝」「調和への道のり」という3つの章へとつづいてます。

 

 

いやー、ネット上探してもレビューとかなんもないし、本当にこれに6000円とか払って大丈夫!?!?!って不安だったこの分析ですが、もうすでにこれだけでもものすごいやってみてよかった。

 

ちょっと勇気いると思いますけど、占星学に抵抗のない方はいいんじゃないでしょうか?

おすすめです。

 

もしまた気持ちが向けば、つづきのぶんも書くかもしれません。

 

 

それではまた、おやすみなさい!

たまゆりでした。

 

 

 

改訂版しあわせ占星術 自分でホロスコープが読める本

改訂版しあわせ占星術 自分でホロスコープが読める本

  • 作者: まついなつき,原宿占星術虎の穴
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー
  • 発売日: 2015/07/24
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 最初の頃、おもしろすぎて寝不足になった本です。