たまゆりのたからばこ

たまゆりのたからばこ

たまゆりの人生に詰まった、たくさんのだいすきなものを紹介するための自由帳です。 好きな本、好きな音楽、好きな映画、好きな場所や土地、旅のこと、登山のことや、日常のなにげないしあわせのことなどを大切に書いていきます。







YUKI「さよならバイスタンダー」を遠距離恋愛デートの帰り道で聴いて大号泣したという叫び

 

はい、そうです。また曲聞いて号泣した話です(笑)

 

 

これね。このあいだのツイート。

なんかもう恥ずかしいんですけど、って感じだけど、自分の心の動きを克明に書いているつもりのこのブログやツイッターの中で、大きい影響を与えられすぎている恋愛のことを書かないっていうのはどう考えても耐えられないと思って…!

恥ずかしいけどこれからも書こう。誰かの役に立つかどうかはわからんけど(笑)

 

そう、で。

この前、彼(彼とか彼氏って呼び方いまだにしっくりこないんだけど…なんかいい方法ないですかね?)とデートに出かけまして、

それはもうすごく楽しかったんですけど、

その帰り道に、松本から名古屋に向かうバスの中で何気なくかけたYUKIちゃんの曲に、なんていうかもう、涙ダッバダバになってしまって。

f:id:tamayuri0123:20180915031239j:plain

 (この先はその日に撮った写真を交えて流し読んでください)

 

 

川沿いを走る電車の音
うつむいて咲く向日葵の色
夕焼けがしましまのボーダーになる

あああぁぁぁああ………………………EMOTIONAL。

そうなんですよ。まず出だしから、このデートで見た風景がそのまま歌われているような歌詞に心を奪われた。

この時は八ヶ岳に行ったんですが、台風一過で空気がとても澄んで、夕日がとても美しくて、終わりかけのひまわりの花が、助手席の窓から田園の向こうにずっと見えていました。

 

「ありがとう」って君が言うたんび
泣きそうな気持ちになるのはなんでだ
子供みたいにさ

 なんでだーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!

なんでしょうね、なんなんでしょうね、もうほんとYUKIちゃんてなんなんだろう。

本当になるんだよ。なるんですよ。なんでわかるんだよ。

ありがとうとか言われると、なんかもうなんていうんですかね、泣きそうになる。

もったいないっていうか胸がギューーーっとなるというかね。なんなんですかね。

そんなことで泣くとか本当お前幾つだよみたいな、3歳児かよと思うんだけど本当に泣けてしまうんである。

 

f:id:tamayuri0123:20180915031325j:plain

 

さよならバイスタンダー 僕らは歩いて行く
この道行きの最後が 天国か そこらじゃあないとしても
ただの君と笑って立っていたいよ

…………………………………………っっっっっっっつーーーーーーーーーーー!!!!!!!

これはね、これは本当にいいです。

そうなんですよ。行き先なんてどこだっていいんですよ。いや、そりゃあ幸せになりたいけれども。それはもちろんそうなんだけど。

でも幸せにできる保証なんてないし、ずっと一緒にいたってその末は周りのことも世間体とかもいろいろすべてがうまくいく、天国じゃないかもしれない。

でも大事なのはそういうことじゃなくてですね、むろんそうなるように最大限の努力はするかもしれないけど、、ああうまく言えないわだめだ、、、

うん、行く先が天国じゃないとしても一緒にいられたらいいなと思ったよ。

 

 

f:id:tamayuri0123:20180915031334j:plain

この一番のサビの部分の歌詞はですね、YUKIちゃんの過去の「歓びの種」というこれまためちゃんこ名曲の歌詞にも出てくるんです。

 

間違いだらけとわかってても

二人は進んでく

つまりそれは

恐れずに幸せになる切符を手にしてる

 

そうそう、そうなの。そうなの……!!!!!

ああ、なんかもういちいちこうして感想を書くことすら野暮に思えてきました。

本当にすごい。曲を作る人、曲に詩を載せる人、詩というものを書く人、書いてくれている人、本当にすごい。感激する。

 

f:id:tamayuri0123:20180915031346j:plain

(パスタ美味しかったなー おなかすいたなー)

 

錆びついて壊れてるシェルター
何度でも隠れてみたけど
頭隠して尻隠さずってやつさ

これはまさに、前に「宇多田ヒカル「Play a love song」聞いて号泣しすぎて翌日仕事に遅刻した話 」で書いたことで、

本当に思うのですが、彼と一緒にいると、自分を守ろうとして入り込む殻から完全にケツ出てるなって感じです。あ、バレてる、見えてるわこれ、みたいな(笑)

 

さよならバイスタンダー 今まで歩いてきた
つたない文字の無邪気な足取りが 間違いだらけだとしても
夜は明けた 大きな声で叫ぶよ

泣く。

もうバスの中で半分ウェッウエッて嗚咽出てたと思うわ。あの時乗り合わせてた方に、本当になんか申し訳ない。

 

「バイスタンダー」とは「傍観者」という意味なのだそうですよ。

 

私の今まで歩いてきた道って、本当に拙くて、なんかこう普通の人がもっとできることが全然できなかったり、人格の中で極端に未熟な部分があると思います。

こうして書いてきたブログだって、人生でその時々、これだ!!!って思ったことを思い切り表現しているけど、後から読み返してそれがとんでもない間違いだったりでどちゃくそ恥ずかしいってこともたくさんある。

 

f:id:tamayuri0123:20180915031908j:plain

それでも「夜は明けた」ってこの頃の私は思えていて、だからもう、泣けます(ああ、語彙力…)

 

そんな、きっと間違いまみれで拙すぎる私の人生の歩み方でも、それでもこうしてそばにいてくれる人びとに出会えたのだということが、尊くて仕方ないなと思うのです。

 

 

慎ましさとか 孤独とか 空しさを
もっと知って愛されていくよ

 

こわくて こわくて こわくて投げ出したくても
僕は 僕に誓うよ

 

そう、そんな、自分の弱さや醜さや拙さをさらけ出して行くということをしたい。

そしてそれすらも「そんなとこあるよね」と笑って許して愛されるような、そんな風になっていきたいなって。

自分のたくさんの部分をさらけ出すこと、それは時にとても怖くて、もうやめたいって思うことだってたくさんあるんだけど。

それでもきっとやめない、やめたくないんだなって、そう、この曲を聞いて自分に誓いたいなって心から思いました。

 

f:id:tamayuri0123:20180915031927j:plain

守るよ 守るよ 僕の全てを捧げ
目の前の君に 誓うよ

 そして、そんなヘタクソすぎるやり方でしかできないけれど、それでも私なりに、一生懸命に、二人でいられることや、彼を幸せにするってこと守っていきたいと思ったのです。

 

f:id:tamayuri0123:20180915032011j:plain

ああだめだわ、だめですね。

未だにこの曲のことになると感情が高ぶりすぎて、九割五分何言ってんだかわからない感じのブログで本当にすみません。

 

このブログに関しては「なにいってんだこいつ」と適当に読み飛ばしていただければ幸いですが、YUKIちゃんの「さよならバイスタンダー」は本当に素晴らしいので気になった方はぜひ聞いてみてください。

夏の終わりの切ないよう淡い色の、でも強くてまぶしい光を感じさせる曲です。

 

さよならバイスタンダー

さよならバイスタンダー

 

 

 この「さよならバイスタンダー」がオープニングテーマだったアニメ化作品。

3月のライオン。読もう。

3月のライオン (1) (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン (1) (ヤングアニマルコミックス)