たまゆりのたからばこ

たまゆりのたからばこ

たまゆりの人生に詰まった、たくさんのだいすきなものを紹介するための自由帳です。 好きな本、好きな音楽、好きな映画、好きな場所や土地、旅のこと、登山のことや、日常のなにげないしあわせのことなどを大切に書いていきます。







見おろせば春の楽園。田んぼのあぜ道は七色のたからばこ!

 

インスタグラムの投稿より、ちょこっと加筆。

f:id:tamayuri0123:20180324000703j:plain

春の田んぼのあぜ道は、私にとってまるでたからばこみたいです。

 

お花屋さんで買ってくる可憐なお花も好きだけど、こうして田んぼで、太陽の下風に揺られて咲いている小さな野の花たちが、やっぱり身近でなつかしくって、大好き。

f:id:tamayuri0123:20180324000730j:plain

私は昔おばあちゃん、おじいちゃんとも一緒に岐阜に住み、小学校の前半まで育ったのですが。

その家の近くにも広い田んぼがあって、幼少期の私の遊び場所といえば、もっぱらその田んぼのあぜ道でした。

 

f:id:tamayuri0123:20180324000744j:plain

だから、こうして犬山に住んで久しい今でも、田んぼのあぜ道はとってもなつかしくて大好きな場所なんです。

 

 

場所は少し違っても、春になれば咲く花は同じ。

 

青くて小さくて、少し触れたら飛んで行ってしまう、おおいぬのふぐり。

昔はよく、紫色の細長い花を摘んで甘い蜜を吸ったほとけのざ。

水につけてくるくるまわして、小さな音を楽しんだ、ぺんぺん草、別名なずな。白くて小さくて、かすみ草をもっとちっちゃくしたみたいな可憐な花と、ハート型の鈴みたいなかわいい葉っぱが大好きでした。

それから、鼻を近づけると、太陽みたいな匂いがするたんぽぽ。

 

f:id:tamayuri0123:20180324000819j:plain

そんな花たちが、家の近くの田んぼの脇にいつのまにか咲き始めると、なんだかとってもなつかしくって、うれしくって、たまらなくなるんです。

今年も会えた〜!今年も春が来た〜〜!って。

 

なんか、これだけで毎年こんなにうれしくなれるって、私めっちゃ幸せもんなのでは?と思うほどに、うれしいです(笑)

 

f:id:tamayuri0123:20180324000834j:plain


愛犬とのおさんぽも、冬は私は寒いだけですが(笑)、この季節は私もめちゃくちゃ楽しいのでWin-winなんです!笑


ああ、今年もこの季節がやってきたんだ〜〜っ!!

うれしいな。本当にうれしいな〜!

いっぱいいっぱいお散歩に出かけたいです。

f:id:tamayuri0123:20180324000857j:plain

 

ほんとうに、ちょっと思い立って外に出てみるだけでも、こんなに楽しいことがあったりする。

できるだけ、そういう、さりげなくて身近なくらしの中にある綺麗なものを、ちゃんと見つけていられる自分でありたいな、と思います。

 

簡単なようで難しいことだけど、こうやって今日みたいに、犬や、花や、あったかい空気やぽかぽかの日差しが不意に教えてくれる。

 

そんで、そうやって受け取ったものを、こうして書いたり写真にしたりすることで、少しでももう一度この世界に返して行くことが、きっと私がすごく、いちばん、やりたいことなのかもしれません。

 

 

f:id:tamayuri0123:20180324002710j:plain

私が好きな詩人、工藤直子さんのことばに、こんなものがありました。

わたしは、なんでうまれてきたんだろう

この世に、どんなご用があるのだろう

わたしにもできる「この世のご用」はあるのだろうか

あるとしたら、それは、どんなご用だろう

 

…(中略)

 

それ以来、ひそかにあこがれている。

ねがわくば、地球をほれぼれと見つめる役目を受け持ちたいと。

地球に拍手を送る役目をいただきたいと。

そして地球に恋文を書きつづけるご用を果たしたいと。

そして、こう言いつづけたい。

 

地球、あなたのところに生まれてよかったよ。会えてよかったよ。

パタタ・パタタ・パチパチパチ

 

- 工藤直子 「新編 あいたくて」 あとがきより

 

地球にラブレター、いっぱい書きたい!

 

新編 あいたくて (新潮文庫)

新編 あいたくて (新潮文庫)