たまゆりのたからばこ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまゆりのたからばこ

たまゆりの人生に詰まった、たくさんのだいすきなものを紹介するための自由帳です。 好きな本、好きな音楽、好きな映画、好きな場所や土地、旅のこと、登山のことや、日常のなにげないしあわせのことなどを大切に書いていきます。







初の海外女ひとり旅行記 スロベニア・クロアチア・ポルトガルへ

 

今から3年前、21歳の時、初めてひとりでヨーロッパの一人旅をして、スロベニア・クロアチア・ポルトガルに行った時の記録です。

旅行しながらFacebookに書いてた当時の記事より。

 

 

2013.10.3 中部国際空港にて

今日からヨーロッパひとり旅へいってまいります!
約一ヶ月弱かけて、イタリアを少しとスロベニア、クロアチア、ポルトガルを回ってくる予定です。
今から香港発ローマ行の便に乗って、朝にローマ到着、そこからさらに飛行機を乗り継いでイタリアのトリエステへ向かいます!
ちゃんと着けるかドッキドキ!!笑
今から機内での長い長ーーーい夜が始まります…。
おやすみなさい。

 


2013.10.4 イタリア・トリエステにて

f:id:tamayuri0123:20161021035613j:plain

飛行機を計3回乗り継いで、無事イタリアのトリエステに着きました!
久しぶりに話すイタリア語に緊張しましたが、意外と忘れていませんでした。よかった!

話は変わって、私は「水のある街」が大好きです。
海沿いの港町でも、運河や川の流れる街でも、湖のほとりの街でも。
水面を眺めることには人の心を落ち着かせる何かがあって、水のある風景と共に日々を過ごすことで、その街の人たちがどこか心に余裕を持って生きていけるように感じられるからです。
それに何より好きなのは、夕暮れ時の濃い青に染まった水面に映るオレンジの街明かり!
ほんとうに言葉にできないほどきれいな色です。

f:id:tamayuri0123:20161021035623j:plain


トリエステはまさにそんな魅力いっぱいの街で、今日もたくさんの人が桟橋に座って夕日が落ちていくのを何をするでもなく、ゆったりと眺めていました。
たった半日の滞在だったけど、トリエステという街とイタリアのことがさらに大好きになりました!

 

f:id:tamayuri0123:20161021035632j:plain


明日はバスで国境を越えてスロベニアへ向かいます。
始めて足を踏み入れる国、どんなところか楽しみ!!

 

 

2013.10.5 スロヴェニア・コペルにて

f:id:tamayuri0123:20161021035650j:plain

 

トリエステから国境を越えて、スロベニアのピランという街にやってきました。
旅行の計画を立てるときは、来ようかどうしようか迷った街だったのですが…本当に来てよかった!!!

f:id:tamayuri0123:20161021035658j:plain


写真を見てもらうと分かる通り、アドリア海に向かって半島のように突き出た小さな小さな街です。
街の高台に昔の見張り台の跡があって、そこから街を眺めることができました。
ギシギシうるさくて今にもぶっ壊れそうな(笑)らせん階段を上った先で、この景色が目に飛び込んできた瞬間ひとりなのに思わず歓声をあげてしまいました。
海の色も、見たことのないほど透き通った深い青色で、本当に小さな宝石のような所でした!
また来たいなぁ。

f:id:tamayuri0123:20161021035705j:plain

 

2013.10.8 スロヴェニア・リュブリャナにて

なんと!!
昨日ポストイナからリュブリャナへ向かう電車待ちの駅でたまたま出会って仲良くなった台湾人のご夫婦&そのご友人に、リュブリャナで過ごす三日間お家に泊めてもらうことになりました!
スロベニアの芸術大学へ音楽を教えに来てる先生なんだって。
すごい!


ということで今日は、四人でスロベニアのブレッド湖へ行ってきました。

f:id:tamayuri0123:20161021035717j:plain

澄んだ深ーい青色の湖のほとりには白鳥や鴨のつがいがたくさんいて、まるでディズニープリンセスの映画のような世界です。
きれいな景色に思わずワインも進みまくります(笑)
昨日から家に泊めてもらってるご夫妻と、お昼を食べながら次は必ず台湾に遊びに行く約束をしました!
文法も発音もめちゃくちゃの、ほんっっとにヒドイ(笑)私の英語でもこんなにコミュニケーションができるなんて!超びっくりです。
言葉が下手くそでも互いに伝えようとする意思があればちゃんと気持ちは伝わるのだなと思いました。

f:id:tamayuri0123:20161021035732j:plain

 

 

2013.10.9 クロアチア・ザグレブにて

f:id:tamayuri0123:20161021035938j:plain

スロベニアから無事に鉄道で国境を越えて、クロアチアの首都ザグレブへやってきました!!
3日間一緒に過ごすうちにすっかりご夫妻と家族のようになって、今朝別れるのが寂しかった…。
伝えたい感謝の言葉はたくさんあるのにサンキューソーマッチ!!!としか言えないのがもどかしくて、次会うまでに絶対英語を上達させてもっともっと彼らと色んな話をしたいと強く思いました。

f:id:tamayuri0123:20161021035946j:plain


旅をしていると、不思議と自分が次にやりたいことがどんどん思い浮かんできて、今、自分が精神的にとても満たされているのを感じます。
不安もいっぱいだったけど、本っ当に来てよかった!!!って心から思います。
明日は朝8時ごろのバスでプリトヴィッツェ国立公園という所へ向かいます。

f:id:tamayuri0123:20161021035955j:plain

 

 

2013.10.10 スロヴェニア・プリトヴィッツェ湖群国立公園にて

f:id:tamayuri0123:20161021040007j:plain

今日は、楽しみにしていたプリトヴィッツェ湖群国立公園というところへやってきました。

高低差のある大小16の湖の間を結ぶようにして92もの滝が流れており、世界遺産に指定されています。

 

f:id:tamayuri0123:20161021040021j:plain

 

たどり着いてまずびっくりしたのは湖の水が信じられないほど澄んでいること!!
何mも下の水底まで青く透かして見え、水に沈んだ倒木の間をたくさんの魚がスイスイ泳いでいきます。
滝や湖の周りにはりめぐらされた木道を歩いたり、船で湖上を遊覧したりできます。
とっても広いので一日ではまわりきれないくらい。

f:id:tamayuri0123:20161021040030j:plain


周りの森も淡い黄色に色付いてとても美しく、ホテルのすぐそばでは野生のリスも見かけました!
スロベニアもクロアチアも日本じゃまだまだマイナーな国だけど、豊かな自然とそれに調和した美しい街がいっぱいで、人にも街にも穏やかな空気の流れる素敵な国だなと感じます。

 

 


2013.10.13 クロアチア・シベニクにて

f:id:tamayuri0123:20161021040044j:plain

プリトヴィッツェ湖群国立公園を出て、スプリット、トロギール、シベニクとクロアチア南部のアドリア海沿岸の街めぐりをしています。
どの街もアドリア海から吹くさわやかな海風と、惜しげなくさんさん降り注ぐ太陽がいっぱいで、海岸沿いを散歩しているだけで本当に気持ちいい!
街並みはまるで魔女の宅急便の世界です。

 

f:id:tamayuri0123:20161021040055j:plain


この国へ来てから、若いカップルもおじいちゃんおばあちゃんも、子供連れの家族も、たくさんの人が何をするでもなくただ海のそばのベンチに腰掛けて、風と太陽の光を身体いっぱいに浴びて過ごしていることに驚きます。
みんな本当に太陽と風を愛しているのだなあ!というのが伝わってきます。


私も真似してベンチに腰掛けて、何もせずのんびり過ごしました。
とても開放的で、なにもないのになぜかとても贅沢な気分になりました。

明日はもうクロアチアで過ごす最後の夜!
そのあとは飛行機でポルトガルへ向かいます。
初めて目にする大西洋!どんなところかな~。

f:id:tamayuri0123:20161021040339j:plain

 

 

2013.10.20 リスボンにて

f:id:tamayuri0123:20161021040727j:plain

 

目覚ましをかけないで、気が付くと朝の10時半。
窓を開けると昨晩の大雨が嘘みたいにからっと晴れた青い空!
のんびり身支度をして、駅までの石畳階段をスキップするように駆け下りる。

 

地下鉄に乗って、週に二回開かれる「どろぼう市」を冷やかしにやってきた。
アンティーク食器、アクセサリー、古本、革のかばん、こんなの売れるの!?って思うようなガラクタも思わず欲しくなっちゃうような可愛らしい小物も、それから人もたくさんあふれる市場を縫うように見て歩く。

 

気に入った品々の前をぐるぐる回るうち、ぜんぶ欲しいような逆にぜんぶいらないような気もして、よくわかんなくなっちゃって、結局まあいっか~と市場をあとにする。


なんだかお腹がすいてきたなぁ。
カフェに入ってピザをかじる。
それにしてもいい天気だなぁ。
さて、午後からは何をしよう?


特になにも思い浮かばないから、行き交う船を眺めながら気の向くままに海沿いを散歩。
アイスを食べながら歩いていると、いつの間にかリスボンいちお気に入りの景色が見える広場に着いた。

f:id:tamayuri0123:20161021040751j:plain


歩いたらまた暑くなったから、満開のブーケンビリアの下でギター片手に歌を唄うおじさんと、きれいな絵を売るおじさんの横に腰掛けて風を浴びながら、こんどはビールを一杯。

 

f:id:tamayuri0123:20161021040808j:plain


天気もいいし、海からの風がとてもさわやか。
最高の気分!

 

しばらく音楽に耳を傾けたり、絵を描くおじさんを眺めたり、アクセサリー売りの青年と話をしたりしてのんびり過ごした。
日本から来たよ、というとここの人はなぜかみんなちょっと嬉しそうな顔をする。

 

ビールを飲み終えてから、広場の前を走る黄色いトラムをつかまえて家の近くまで戻ってきた。
お土産屋さんを覗きながら毎日寄るスーパーで夕飯を買い込んで、朝駆け下りた階段を今度は汗をかきかき上る。
英語は通じないけどとても気がよくて面白いオーナーのおばちゃんにただいまと挨拶して、部屋に戻って窓辺でワインを飲んでぼーっとする。

 

f:id:tamayuri0123:20161021040830j:plain

なんにもなかったけれどとても贅沢な一日でした!
街の旧跡名所を観光するのも楽しいけれど、旅先で住人になった気分でのんびり過ごすのもいいものですね。

 

 

2013.10.23 ローマにて

f:id:tamayuri0123:20161021040852j:plain

けさポルトガルを後にして、最初にこの旅を始めたローマへと戻ってきました。
いよいよ明日のお昼には日本に帰る飛行機に乗ります。


もともとポルトガルに着いてからの予定は決めていなかったのですが、リスボンがとても気に入って結局約1週間滞在しました。

 

f:id:tamayuri0123:20161021041822j:plain

こんなことは生まれて初めてで、旅行に来てひとつの街で長く過ごすことの魅力を初めて知りました。
日に日に街を大好きになる。街の人を好きになる。毎朝通る道を好きになる。街の空気や風や太陽や海や空を好きになる。
自分のお気に入りの場所ができる。お気に入りの食べ物を見つける。顔なじみの友達ができる。

それがどんなに楽しくて幸せなことか!

 

色んな街の名所を風のようによくばりに巡る旅もとても楽しいけれど、こんな旅もまた贅沢で素晴らしいものだなと感じました。

f:id:tamayuri0123:20161021040903j:plain

 

 

 

当時書いていた日記は、以上!

クロアチア、スロベニア、ポルトガル、どこもとても美しかったけれど、とくにリスボンはとくべつ気に入った街でした。

 

1ヶ月くらい、アパートの部屋を借りて暮らしてみたら、最高だろうなぁ…!

わたしが人生でやりたいこと、夢のひとつです。

 

 

リスボンで撮った写真をまとめて、こんな動画も作ってました。

 

 

 う〜〜〜ん、いい旅行だったなぁ!!

 

 

それじゃ、おやすみなさい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村